歯の痛みなど
お急ぎの方はこちら

- ご予約優先 -

- 受付時間 -

午前9:30-13:00
午後14:30-19:00
※最終受付:18:30
※水曜17:00まで
※休診日:
   木曜・日曜・祝日
ネットから
診療ご予約

高校生必見!この期間に歯列矯正できれいな歯並びを手に入れよう

2022.07.04 (最終更新日:2022.07.04)
歯列矯正 期間 高校生 アイキャッチ画像

高校生になり、歯並びが気になったことはないでしょうか?

やっぱり綺麗な歯並びはとても嬉しいですよね。

 

ただし、心配事も多いはずです。

「部活中をしているが矯正はできるのか?」

「食事の時間はどうしたらいいのか?」

 

こんな質問を当医院でもよく耳にします。

今回はそんな歯列矯正を希望する高校生の方へ、矯正についての期間やよくある質問にお答えしていきます。

 

ぜひ参考にしていただき、矯正治療の決断にお役立ちできればと思います。

 

 歯列矯正は実は、多くの症例で高校生の3年間で終えることができる治療です。

もちろん、症例によっては中には難しい場合もありますが、おおよそ2〜3年あれば治療を終えることができます。

今からは、部分矯正と全体矯正についての期間の解説と、ポイントについて説明できればと思います。
歯列矯正期間表

歯列矯正の期間を大きく分けると、部分矯正で約半年、全体的に装置を使用してするフル矯正が約2〜3年必要です。

実際のお口の中の歯並びの状態によっても期間は異なって来ますし、歯が動きやすい、動きにくいというのは年齢や、ご自身の骨の状態によっても異なってきます。

また、装置をきちんと使用できているかによっても期間は異なってきます。

 ただし、歯が並び終わり、矯正装置を外すことができたとしても、その後に後戻りしてくる可能性があるので、後戻りさせないための装置「保定装置(リテーナーとも言います)」をつけることは必須です。

リテーナーイラスト

保定装置も種類は様々あり、ずっと付けたままのワイヤータイプのものもあれば、ある時間のみ使用するマウスピース型のものあったりします。

保定装置は使用しなければなりませんが、目立たないもであったり、夜だけのものだったりするので、見た目で気になることは少ないです。

 保定装置を使用する期間は半永久的と言われているので、大学生になった時にもそちらはつける必要があります。

矯正期間イラスト

保定装置の詳しい記事についてはこちら→後戻りで後悔しないために大切なことはリテーナー!

2 高校生で歯列矯正をするメリット・魅力

 

2−1 大人になればなるほど期間も長くなる

歯列矯正 期間 年齢比較

実は、歯列矯正は年齢が重なるにつれて骨が固くなるので動かすための期間も長くなります。

だからと言って大人になってからは、矯正ができないという訳ではありませんが、早くから治療を進めてあげることで、少しでも短い治療で終了できると嬉しいですよね。

ですので、高校生のうちに矯正を行うことはおすすめです。

2−2 就職する時にも歯並びがいいことはメリットになる

欧米の就職基準

欧米諸国では、就職活動を行う際、「歯並びが悪いこと」と「太っていること」で「自己管理ができていない」とみなされ、就職活動で重要視されています。

例えば外資系の仕事だったり、日本でも最近ではお口の中の環境を整えましょうと意識が向いてきています。ですので、高校生の就職活動前に歯列矯正を行うことは私たち歯科の業界の人たちの中でもおすすめです。

 3 高校生が矯正治療で気をつけるべきよくある5Q&A

 Q1 給食や昼休みの食事の時はどうしたらいいのか?

ワイヤー矯正をされている方は、装置を外すことができないのでそのまま食事をしていただいても問題ありません!

ただし、食後は物が挟まりやすく、虫歯にもなりやすいので歯ブラシを行うことは必須です。

マウスピース矯正の場合は、食前にマウスピースを外す必要があります。

ですので、洗面所などでマウスピースを外し、ケースに戻した後食事を行います。

食後は歯ブラシをしてからマウスピースを戻すことが大切です。

 

Q2 部活中のスポーツドリンクは飲んでものいいのか?

こちらもワイヤーの場合は外すことができないのでそのまま飲んでいただいても問題ありません。

マウスピース矯正の場合はマウスピースを外す必要があります。

糖分の入った飲料水はマウスピースの中に入り込み、そのままにしていると虫歯になる可能性があるので、外してから飲んでいただくことが大切です。

逆に糖分の入っていない、水やお茶であれば飲んでも問題ありません。

ただし、麦茶など色のつく飲み物は歯の着色がつくこともありますので、おすすめは水を飲んでいただけたらと思います。

 Q3 部活中も矯正装置は付けていてもいいのか?

 基本的には部活中も矯正装置を付けていただいて問題ありません。

 Q4 吹奏楽部で楽器を吹くが矯正はできるのか?

矯正中の楽器操作について

ワイヤー矯正の場合、歯にワイヤーを付けるので楽器によっては演奏が難しい場合があります。

クラリネットやサックスなど、木管楽器であればリードを噛んで演奏するので装置が付いていても演奏は可能です。

トランペットやトロンボーンなどの金管楽器は、マッピを直接口に当てて演奏するので、器具と唇があたり痛みもあり、また矯正装置が力により外れてしまう可能性もあるので、演奏することが難しいです。

 どちらにせよ、矯正装置の調整後は演奏する際少し痛みを伴ってしまうのがデメリットです。ですがずっとではありませんので、上手くコントロールしながら調整期間を相談していただくことをおすすめします。

 その点、マウスピース矯正はそういった心配はありませんので、どの楽器であっても演奏は可能です。

 Q5 間食はできるのか?

間食イラスト

間食はワイヤー矯正であっても、マウスピース矯正であっても控えていただくことをおすすめします。

間食をすることで、矯正装置の間に食べ物が詰まり、虫歯になりやすいからです。

おすすめは、食後にお菓子を少し食べるということです。

ただし勉強の合間に食べた時などは、食べた後に歯ブラシや口を濯ぐなど、十分に気をつけていただければと思います。

 4 当医院でも高校生の歯列矯正をおこなっております!

 当医院でも矯正専門医による歯列矯正をおこなっております。

以下の患者様は高校生の時から歯列矯正を始められた患者様です。

初診時年齢:18
主訴:出っ歯が気になる
診断:叢生、狭窄歯列
治療期間:治療途中

高校生 歯列矯正症例 矯正前写真

    ↑初診時

高校生 歯列矯正症例 途中経過

   ↑治療経過途中

 

主なリスクと注意事項:矯正装置を装着すると、装置周辺の歯磨きが不十分になりやすくなります。
歯磨きが不十分になると、虫歯や歯肉炎を生じる場合があります。
歯の移動の仕方には個人差があり、治療経過によっては最初の治療計画を変更する場合があります。
歯の移動中に歯の根が一部吸収され、短くなることがあります。
治療後の歯は元の位置に戻ろうとする傾向があるため、治療後には後戻りを防止する装置(保定装置)を早着して定期的な観察を行う必要があります。

 費用:

・検査診断 3万+tax
・小児矯正 7万〜45万+tax
・ワイヤー矯正 85万+tax
・マウスピース型カスタムメイド矯正装置(製品名 インビザライン 完成物薬機法対象外)85万+tax

 こちらの患者さんもとても歯並びが綺麗になり、今もまだ治療途中ではありますが、社会人として働かれています。

高校生の方の心配なこともたくさんあると思いますが、当医院ではカウンセラーによる相談もできます。
根管治療説明カウンセリング

矯正治療は決して簡単な治療ではありません。

患者様にもご納得いただいて治療していくことが大切です。

 治療期間や治療方法についてなども、丁寧にご説明いたしますし、納得して治療を受けていただくために、なんでもお話ししていただければと思っています。

 ぜひご相談ありましたら、アスヒカル歯科へお問い合わせください。

歯列矯正医写真

矯正治療と聞くとどうしても審美的なことと捉えられがちです。

しかし、実際には見た目だけでなく、歯を動かすことで歯の機能を改善し、より長くご自身の歯を使っていただくために矯正治療というものは大事になってきます。

ただ単に見た目をキレイにするだけではなく、お口の機能改善を目指して治療を行なっていただくためには、歯科医師の技術が必要になります。

お医者さんの中にも、脳外科や耳鼻科など専門医がいるように、お口のトラブルにもそれぞれ専門医がいます。

きちんと技術や知識のある専門医に治療を受けていただくことが大切です。

アスヒカル歯科では、治療に対する知識・技術の向上に努め、最新技術もたくさん取り入れて治療を行なっております。

矯正の治療相談は無料で行なっておりますので、ご興味ある方はぜひお問い合わせください。

5 まとめ

歯列矯正期間表

【高校生で歯列矯正をするメリット】
・若い方が矯正期間も短い
・就職する時にも歯並びがいいことはメリットになる

 【まとめ記事】
矯正治療の装置ごとの期間が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

歯列矯正の後戻りについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

矯正治療失敗の解決方法について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

マウスピース矯正など、目立ちにくい矯正装置について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

歯列矯正と聞くと費用も気になりますよね。費用について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

お子さんの歯列矯正を考えておられる方は、こちらの記事をご覧ください。

 「子供の矯正気になるあれこれ」

コメント