歯の痛みなど
お急ぎの方はこちら

- ご予約優先 -

- 受付時間 -

午前9:30-13:00
午後14:30-19:00
※最終受付:18:30
※水曜17:00まで
※休診日:
   木曜・日曜・祝日
ネットから
診療ご予約

これを読めば安心!インプラントの痛みに関して歯科医師が徹底解説!

2022.09.08 (最終更新日:2022.09.08)
Imp-pain-9

インプラント治療を受ける時「痛み」について気になりますよね?インプラント治療は外科治療で歯茎を切る、顎の骨の中にインプラントを埋め込む、など痛みを伴う治療です。ですので手術中は麻酔をします。麻酔をすることで痛みを感じることなく治療を終えることができます。しかし、インプラントに関する痛みは「手術中」だけではなく、「手術後(手術後から数日間)」と「治療終了以降」にも起こる可能性があります。インプラント治療を受けるなら痛みについて詳しく知りたいですよね?この記事ではインプラント治療に関する痛みについて絵や表を用いて歯科医師が詳しく説明していきます。

1:インプラント治療では痛みを伴う!

 

インプラント治療では痛みが出ます。それはインプラント治療が外科処置であり、顎の骨の中にインプラントを埋め込む治療だからです。

親知らずを抜歯するときと同様に歯茎を切り、骨を触る処置なので痛みで出ます。

ですのでインプラント手術を行う時には麻酔を射ちます。麻酔を射つことで痛みを感じることなくし処置を受けることができす。

また、痛みが出るのは手術中だけではなく、「手術後」、「治療終了以降」にも痛みが出る可能性があります。

「手術後」には治療部位が治っていく過程での痛みやインプラントを埋め込む時に出る刺激や熱による痛みがでることがあり、「その後」ではインプラントの周囲に感染が起き痛みでが出ることがあります。

 

2:インプラント手術中・手術後・その後、 3つの時期による痛みの違い

 

 

Imp-pain-2

 

2-1手術中の痛み

 

Imp-pain-3

インプラント手術中は痛みを伴います。歯茎を切開し顎の骨の中にインプラントを埋め込むため痛みが出ます。

それは親知らずを抜歯する時と同様に歯茎を切った痛みや顎の骨を触った痛みが出ます。

顎の骨の中にインプラントを埋め込む際におこる刺激により痛みが発生します。

ですので手術では必ず麻酔を射ちます。麻酔を射つことで痛みを感じることなく手術を行うことができます。

 

2-2 手術後の痛み

 

Imp-pain-4

 

インプラント手術終了から数日間は痛みが出ることがあります。

歯茎を切開したことや、顎の骨の中にインプラントを埋め込んだ刺激により痛みが出ることがあります。

この痛みは正常な反応なので心配いりません。

しかし、インプラント手術後数日中に激痛が出たらすぐに手術を受けた歯科医院に連絡してください。

インプラント手術後の激痛は正常な反応ではなくインプラントを埋め込む時に発生した熱が高すぎてオーバーヒート(火傷)を起こしている可能性があります。オーバーヒートが起こると激痛だけではなくインプラントが骨と結合せず抜け落ちる可能性があります。

 

2-3 治療終了以降の痛み

 

Imp-pain-5

被せ物を装着しインプラント治療が終了した後しばらくしてから痛みが出ることがあります。

それはインプラントの周囲に感染が起こった時に起こります。

インプラントの周りを清潔に保つことができないとインプラントの周りの顎の骨に炎症が起こる「インプラント周囲炎」という病気になり痛みが出ることがあります。

 

3: インプラント治療中・治療後・治療終了以降、それぞれの痛みに対する対処法

Imp-pain-6

 

3-1 手術中の痛みの対処法

 

 

Imp-pain-7

 

手術中の痛みに対しては麻酔をすることで対処できます。

インプラント手術では歯茎を切り顎の骨を触るので必ず麻酔をします。ですので手術中は痛みを感じることなく処置を受けることができます。

もし手術中に痛みを感じることがあれば歯科医師に伝えてください。手術中でも麻酔を追加できますので痛みを感じないようにします。

 

3-2 手術後の痛みの対処法

 

 

ロキソニン写真

 

 

手術後の痛みに対しては鎮痛剤を飲むことで対処できます。

手術後の痛みは強くなく、通常ならば鎮痛剤を飲むことで痛みを抑えることができます。

鎮痛剤は歯科医院で処方できます。

しかし、鎮痛剤を飲んでも治らない程の激痛が出た時はすぐにインプラント手術をした歯科医院に連絡をしてください。通常、インプラント手術の後に激痛が出ることはありません。激痛が出るが原因はインプラントを顎の骨に埋め込む際に発生した熱が高すぎてオーバーヒート(火傷)を起こしている可能性があります。

ですので、激痛が出た時にはすぐに歯科医院に連絡してください。

 

3-3 治療終了以降の痛みの対処法

 

 

Imp-pain-8

 

インプラント治療が終了した後しばらくしてから痛みが出た時は、すぐにインプラント治療を受けた歯科院を受診しましょう。

この時期に起こる痛みはインプラントの周囲が感染し炎症が起こった時に起こります。

インプラントの周りの顎の骨に炎症が起こる「インプラント周囲炎」という病気になり痛みがでます。

この痛みは鎮痛剤を飲むことで一時的に抑えることはできますが、痛みの原因は感染なのでまた痛みが出ます。

歯科医院でインプラント周囲を洗浄しキレイにすることにより感染を取り除き痛みを無くすことができます。

 

4:「その後」のインプラントの痛みが出ないためにはメインテナンスが重要!

インプラント抜けた

インプラント治療を受けた後は必ず定期的なメインテナンスを受けてください。

その理由は、インプラントが顎の骨に埋め込まれていてお口の中環境と体内(顎の骨の中)が繋がっている状態からです。

ですので、常にお口の中からの影響を受けているのです。

メインテナンスを受けインプラント周囲を健康な状態を維持しなければ、細菌が溜まってしまい炎症がおきます。そして、インプラント周囲の顎の骨にまで炎症が及んだ「インプラント周囲炎」という病気になり痛みが発生します。

インプラントは細菌に対する抵抗性が弱いので、このような状態が続くと腫れや痛みが出てきて、その結果、骨がなくなりインプラントが揺れるなどの症状が起こります。

この状態になると、インプラントを支えることができなくなり、インプラントは抜け落ちてしまう可能性があります。

ですので、インプラントを痛みなく長期的に健康な状態を維持するためにメインテナンスを必ず受けなければなりません。

 

5:まとめ

 

・インプラント治療では痛みを伴います。ですので手術中には麻酔をし、手術後には鎮痛剤を処方します。

 

・インプラント手術中・手術後・治療終了以降と3つの時期による痛みの違いがあります。

 

Imp-pain-2

 

・インプラント手術中・手術後・治療終了以降、それぞれの痛みには以下のように対応します。

Imp-pain-6

 

 

・「治療終了以降」のインプラントの痛みが出ないためにはメインテナンスが重要です!

 

以上がインプラントの痛みに関する説明になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント